入居するときだけじゃない。退去するときにも費用は発生します。

退去時に発生する費用

賃貸を退去する際には所定の費用支払いが必要で、その内訳としては原状回復とクリーニングが主です。原状回復は本来あるべき状態へと戻すための費用であり、入居に伴う汚れやニオイ対策を行なうためにクリーニングも実施されます。これらの費用は、基本的に入居者が支払う決まりとなっているため、退去の時にはある程度の出費が発生する可能性について備えておく必要があるでしょう。ただ、多くの賃貸物件では、入居契約の際に敷金の支払いを行なっています。原状回復やクリーニングなどの費用は敷金から差し引かれ、総額があらかじめ支払った敷金内に収まるようであれば、別途支払いが必要になることはありませんし、余った分が戻ってくることもあります。

原状回復の過剰請求に気を付ける

できれば敷金はたくさん戻ってきた方が嬉しいですよね。そのためには部屋をできるだけキレイに使うことが大切です。しかし、傷や汚れなどに気を遣いながら暮らしていた場合でも、過剰な原状回復工事によって多くの費用支払いを求められてしまうケースも存在します。通常使用に伴う汚れやダメージ、避けようがない経年劣化などはオーナー負担で修繕すべきところ、時には入居者負担とされてしまうことがあるのです。無用な支払いを回避するには、入居者側もどこまでが負担すべき範疇であるのかを、しっかりと把握しておくことが欠かせません。国が発行する「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に一般的な基準も明記されていますので、妥当な負担割合なのかをよく確認することも心掛けましょう。